CHECK

地震に強い耐震住宅とは?どういう住宅なのか基礎知識をわかりやすく解説

このサイトでは耐震住宅についての基礎知識を解説しています。
そもそもどういった住宅なのか?一般的な住宅とどこが違うのかや、地震に強い家にするために工夫している工法、一般的な住宅よりも高くつく住宅ですが、建てる時の金額にどれだけ差があるのかなどを説明し、メリットばかりではなくデメリットもあることを伝えている内容です。
これから家を建てる時には地震に強いことは絶対条件で、知っておくとためになる知識が満載です。

地震に強い耐震住宅とは?どういう住宅なのか基礎知識をわかりやすく解説

近年は地震の発生が増えていて、近いうちに大きな地震が起こると予想されています。
地震が起こり家屋が倒壊すると高額な費用を払って建てた住宅が台無しになるだけでなく、近隣の建物も一緒に倒壊させることも考えられます。
このため最近では耐震住宅の必要性が増していてます。
この耐震住宅は一般の住宅とは異なる工夫がされていて、一定の震度でも耐えることができる能力のあるもので、ここではこの住宅の基礎的な知識を解説しています。

耐震住宅の仕組みと特徴とは?

地震の多い日本では住宅を購入する際に耐震住宅を検討する方も増えているのではないでしょうか。
耐震住宅とはどのような特徴があり、どのような仕組みなのか解説します。
耐震住宅とは地震の揺れに強いという特徴を持つ住宅の総称で、震度5程度の揺れに対して構造躯体に損傷を生じない、震度6強から震度7程度の揺れの場合は倒壊しない住宅のことをいいます。
地震だけでなく台風などによる強風の揺れに対しても効果を発揮します。
耐震の性能には等級があり、1から3等級の3つに分かれており、1等級は建築基準法レベルの耐震性能を満たす水準、等級2はこれの1.25倍、等級3は1.5倍の強度を持つと定義されています。
耐震住宅の工法には大きく4つあり、まずは壁を増やして強度を上げる方法、耐震ブレースと呼ばれる部品を使用する工法、鉄骨や壁をカーボンファイバーで補強する方法、柱と壁の間にスリットを設けて地震の揺れを分散する方法があります。
壁を増やすと住宅の使い勝手が悪くなる場合があるので、通常は他の方法と組み合わせて使用されます。

耐震住宅と免震や制震との違いを解説

住宅を新築する場合にあたって、多発する地震への備えを入念に行う観点から耐震住宅を検討されている方も多いものです。
日本国内各地では、規模の大きな地震が毎年のように発生しており、お住まいの地域も突然大きな揺れに襲われる危険性があるものです。
そのような場合に、家族の命と財産を守り抜くためには、住宅の耐震性が重要です。
昨今よく聞かれるようになっている耐震住宅の「免震」「制震」性能についても、その違いを知っておき耐震住宅実現のヒントとしてください。
まずは免震ですが、意味は地震の揺れを「免れる」こと、つまり物理的に地震の揺れから受ける外部からの力を遮断する方法を称します。
揺れを吸収するダンパーを設置したり、頑丈なゴムを用いた構造支持物の上に建築する工法と考えて良いでしょう。
制震は揺れを「制する」こと、つまり地震の揺れる巨大な力をうまくいなしたり耐えたりする方法です。
建物の構造体の中に振動を制御する仕組みを取り入れて、破壊を防ぐことが目的となります。
それぞれの意味の違いを理解し、それらをうまく組み合わせて取り入れることにより、より安全性の高い耐震住宅を実現することが可能となります。

耐震住宅を建てる人はどのくらいいるか?

人間は、不安や恐怖に対してお金を払う人が少なくありません。
これは映画館でホラー映画を見るためにお金を払うと言う意味ではなく、恐怖を避けるためにお金を払うことを意味しています。
将来の不安などがある場合、お金を貯めとくのも同じような理由かもしれません。
では、住宅を建築する場合の不安とは一体何でしょうか。
住宅ローンを借りている場合これを支払うことができるかも不安材料の1つかもしれませんが、実は大きな地震に対する不安を持っている人がいます。
日本中ではどこでも大きい地震が発生する可能性があるためです。
この場合耐震住宅を建築することになりますが、耐震住宅を建築する人は一体どれぐらいいるのか知っておくことも必要かもしれません。
耐震住宅を建てる人の割合は年々増えてきており、広い意味では50%程度と言えるわけです。
どこまでが耐震住宅といえるか微妙な部分もありますが、少しでも耐震設計をしていればその住宅は耐震用の住宅と言えるならば住宅が欲しい人の50%は超えている可能性があります。

安全性が高いなどの耐震住宅のメリット

地震などの災害は近年多くなっており、できるだけ災害に強く安全な構造の住宅に住みたいと考えます。
耐震性能が高い住宅のことを耐震住宅と呼び、このような住宅の場合大震災が起きても建物が倒壊することはほぼありません。
現在、建物の耐震性を決める指標が3段階でランク付けされており、建築基準法では1、学校や避難所は2、そして病院や消防署は3のランクを持つようになっています。
耐震住宅のメリットは大きな震災が起きても建物が倒壊しないこととなります。
耐震等級2ほどあればたとえ大地震が来たとしても修復は軽くて済み、そのまま住み続けることができます。
このほか地震保険の割引が受けられるメリットがあります。
注文住宅は購入した際に必ず災害保険に加入をしなくてはなりませんが、地震保険はそこに含まれていません。
自分で新たに加入する必要がありますが、耐震強度が高ければ高いほど地震保険の割引率が高くなります。
少しでも保険料を安くしたい場合は耐震強度を2から3等級にするようにします。

国が法律で定めている耐震住宅の基準

わが国が定めている法律は、国民に対する制限と言う意味もありますが、逆に国民の安全性を確保するために定めているものも少なくないです。
例えば、建築基準法と呼ばれる法律の中の耐震内容がこれに該当します。
この基準は、昭和40年後に出来たもので、既に古いですが現在でもこの法律を少しずつ改正しながら踏襲していると言っても良いです。
耐震住宅は、この法律上回っている事は言うまでもありませんが、2回りぐらい上回っていると言っても良いでしょう。
このボーダーがテストで言うならば60点ならば、耐震住宅は90点以上を目指していると言っても良い位です。
逆に言えば、普通の住宅であっても最低限60点以上でないと合格できないわけです。
ただ、ボーダーを上回るからといって必ずしも安全とは言えない事は間違いないでしょう。
あくまで、当時の法律の内容が少しずつ変化しているだけで、それが100%安全とは言えないわけです。
そのため、耐震性能の高い住宅を建築したいと考えている人が多くなります。

耐震住宅は地震でどんな揺れ方をするか

耐震住宅とは家の壁や梁、柱などに地震に耐えることができるように補強金具や筋交いを入れたり、強固な部材を使用したりしています。
震度6~7程度の地震が来ても倒壊することがない機能を持った住宅ですが、地震がきても揺れないことはありません。
地震の揺れは住宅の構造ではなく、地盤の緩さや建物の形状によって違ってくるので、同じ震度でも激しい揺れと感じることもあるからです。
耐震住宅事態にも揺れを抑える機能はないので、揺れ方は一般の住宅と同じで、特にマンションなどの高層階の揺れ方は、背の低い場所よりも激しい場合もあります。
そのため住宅の中にある設備である家具などは転倒することもあり、対策としては耐震グッズである家具と天井の隙間に挟んで固定する固定器や床を滑ることを防ぐゴム製のラバーなどを敷くことが必要です。
しかしだからといって住宅が倒壊することはないので、起こった時には落下物などを防ぐため、机のしたなどに身を潜めると安心です。

地震に強い!耐震住宅で評判の良いメーカーは?

耐震住宅で評判の良いメーカーは、ヘーベルハウスと大成建設パルコンです。
ヘーベルハウスは鉄骨造とヘーベルボードが有名です。
鉄骨造には軽量鉄骨と重量鉄骨があり、一般住宅では軽量鉄骨のほうが多いです。
ヘーベルハウスは耐震性能に優れる重量鉄骨も手掛けており、耐震住宅のトップブランドと言ってもいいでしょう。
大地震や水害のときに、奇跡的に残る一般住宅はこのブランドであることが多いです。
ヘーベルボードは火に強い壁のパネルであり、火の影響で割れることの多いコンクリートパネルの欠点をクリア下のものです。
大成建設パルコンはプレキャストコンクリート造のメーカーです。
その住宅の強度は現場で打設されるコンクリートと同様のものであり、耐震住宅として高い性能を誇ります。
プレキャストコンクリートは工場で生産された鉄筋コンクリートのパネルであり、それを金具とセメントで固定することで家になります。
3階建て以上の住宅でも十分な耐震性能があることが魅力です。

耐震住宅を実感できるモデルルームの訪問

大きな揺れが発生した場合に、人間は恐怖を感じます。
いくら昔から地震が多い日本人でも、突然揺れが発生した場合には心臓が止まりそうになるか、冷や汗をかくようなことがあるかもしれません。
そしてこの地震は、日本中どこでも起こりうるとされており、予想しないところで大きい揺れが発生することも否定できません。
特に近年は、いくら地震の予知が昔よりできるようになったといっても、うまく当たらないことが多く例外的なことばかりが生じています。
このような中で生活するためには、耐震住宅の設計などが重要になるかもしれません。
耐震住宅といってもピンとこない場合には、まずモデルルームに訪問してみるのが良いかもしれません。
耐震住宅を設計している会社のモデルルームはいくつかありますので、そこに行きどのような特徴があるかを見てみるのが良いです。
とは言え、それを体験することができるケースが少ないため、具体的にどのあたりが他の住宅と違うかを説明してもらうと良いです。

実際に建てられた耐震住宅の実例集

地震の揺れに強い家、最近は全国各地で地震が発生していることからも、これから家づくりをする人の多くが耐震住宅への興味関心が高まっているのではないでしょうか。
ハウスメーカーなどの場合は、地震で倒れない家や壁にひびが入らない、基礎が欠けない床が傾かないなど地震に強いことを宣伝しているのですが、巨大地震が発生したとき大手のハウスメーカーが建築を行った耐震住宅でもこのような被害が発生しているケースはゼロではありません。
自然災害は時を選ばず襲ってくるもので、防災用品の準備や避難方法などについて把握することはもちろん、これから新築住宅を検討されている人などは倒壊しない・損傷しない構造を選ぶことがポイントです。
ネットを利用することで耐震住宅の実例集を目にすることができますし、住宅展示場の中にあるモデルルームなどを見ても分かります。
特に、住宅展示場のモデルルームの中に設けてある構造ルーム、これを見ることで耐震住宅への安心が分かるのではないでしょうか。

耐震住宅に関する情報サイト
地震に強い耐震住宅

このサイトでは耐震住宅についての基礎知識を解説しています。そもそもどういった住宅なのか?一般的な住宅とどこが違うのかや、地震に強い家にするために工夫している工法、一般的な住宅よりも高くつく住宅ですが、建てる時の金額にどれだけ差があるのかなどを説明し、メリットばかりではなくデメリットもあることを伝えている内容です。これから家を建てる時には地震に強いことは絶対条件で、知っておくとためになる知識が満載です。

Search