CHECK

意外にある耐震住宅のデメリットとは?

意外にある耐震住宅のデメリットとは?

耐震住宅は地震が多い日本では主流となっている方式で、昨今ではさらに厳格化された耐震水準が設けられているのが現状となっています。地震に強いということが特徴の耐震住宅ですが、デメリットもあり、あまり認識されていないことも多いポイントがあります。ある程度大きな地震がきた場合に、その揺れが直接住宅に伝わってしまうため、住宅そのものが損傷する場合があるという点が指摘されています。もちろん倒壊を防ぐための補強であるため仕方がないことではありますが、揺れを吸収している通常の住宅と比べて頑丈である反面壁などに損害が生じる可能性が高いです。また、積み重なった中規模な地震の揺れによって、建物そのものの寿命が短くなってしまう点も考慮しておく必要があるでしょう。直接揺れを感じやすい構造になっているため、小規模な揺れでも家の中の家具などが転倒してしまう可能性が従来構造の住宅よりも高い点も、耐震住宅のデメリットと言えます。

耐震住宅は大地震からのダメージを受けないことが鉄則です

国内では大地震の多い国として世界的に知られているように、住宅の関しても度重なる変更によって耐震基準というものが設けられています。現在では大地震を予測した耐震住宅を建てる方が増えていることは実情になり、各ハウスメーカーや工務店では耐震強化を万全にする技術で建築を行っています。ダメージを受けない耐震住宅の場合は、施工会社による違いはありますが、木造住宅を事例にすると過去には太いネジだけで固定をしてきた木材の合わせ部分にはかなりの強度のある金属製の金具を用いて完全に固定をする方法は多くの施工会社で採用をしてます。壁内部にも同じように頑丈な金具を使う方法や、木製ではなく金属製の筋交いを外壁内に固定する方法もあります。ダンパーを活用する方法では自動車のサスペンションのように、衝撃や揺れを吸収することで住宅を守ることができる画期的な技法です。耐震ゴムを取り付ける技法もあり、大地震による揺れをゴムが吸収をすることで建物を保護する機能性を発揮させる工法も普及をしています。

耐震住宅に関する情報サイト
地震に強い耐震住宅

このサイトでは耐震住宅についての基礎知識を解説しています。そもそもどういった住宅なのか?一般的な住宅とどこが違うのかや、地震に強い家にするために工夫している工法、一般的な住宅よりも高くつく住宅ですが、建てる時の金額にどれだけ差があるのかなどを説明し、メリットばかりではなくデメリットもあることを伝えている内容です。これから家を建てる時には地震に強いことは絶対条件で、知っておくとためになる知識が満載です。

Search