CHECK

耐震住宅と一般の住宅の費用の違い

耐震住宅と一般の住宅の費用の違い

一大決心をして住宅を手に入れる場合、その費用が気になるところでしょう。それと同時に考えておきたいのは、耐震住宅にするかどうかです。東日本大震災を始めとして、熊本地震など震度7レベルの大きな地震が全国各地で起こっています。これは、プレートが大きく動いていることや火山活動が原因と言われていますが、いずれにしてもこれらの特徴は予想しないところから発生していることです。この地域は大丈夫だろうと過信した途端、大きな地震に襲われせっかくの財産を失い途方に暮れることになるかもしれません。 このような場合は、通常の住宅でも耐震基準をクリアしているはずですので問題ありませんが、心配ならば耐震住宅を手に入れた方が良いです。一般の住宅等の費用の違いは、どのレベルの耐震性があるかによって異なります。異次元の耐震性を手に入れている場合には、10,000,000円以上の違いが出るケースもあります。この場合は土地の地盤から既に強化してある可能性もあるわけです。平均的には、3,000,000円位の違いが出ると考えて間違いありません。

古い家は耐震住宅へのリフォームも考えてみよう

日本は地震が多い国ですが、大きな地震が発生すると家が倒壊するなど多くの被害が出ることも考えられます。 最近の家は、様々なタイプの耐震住宅となっており地震に強く安心して生活できるようになっています。 古い家の場合は、耐震基準も昔のままとなっていますのでそのまま住み続けることに不安を感じている人もいるのではないでしょうか。 かといって、新しい基準の最新の耐震住宅に建て替えるとなると多くの費用も発生します。費用を抑えて、耐震性能を高めるならリフォームも考えてみましょう。建て替えよりもかなり費用も安くなりますし、住みながら工事を進められることも多くなっています。 工事にも様々な方法がありますが、例えば重い屋根をより軽いものにするだけでも地震に強くなります。旧耐震住宅で建てえられている家や窓の多い家、さらに一階部分がガレージになっている場合などは、耐震補強が必要になる可能性があります。まずは、専門業者に現地を確認してもらい最適な工事を選んでいきましょう。

耐震住宅に関する情報サイト
地震に強い耐震住宅

このサイトでは耐震住宅についての基礎知識を解説しています。そもそもどういった住宅なのか?一般的な住宅とどこが違うのかや、地震に強い家にするために工夫している工法、一般的な住宅よりも高くつく住宅ですが、建てる時の金額にどれだけ差があるのかなどを説明し、メリットばかりではなくデメリットもあることを伝えている内容です。これから家を建てる時には地震に強いことは絶対条件で、知っておくとためになる知識が満載です。

Search